賃貸物件選びで大切なこと

まわりの環境が1番大切

賃貸物件を探す時、重要とする条件は人それぞれですが、1番大切なことは環境です。昼間見学に行ったときは閑静な住宅街だったのに、実はスナックやバーがあって、夜になるとにぎやかだったということもあります。1階部分にコンビニがある物件はとても便利ですが、場所によって夜間若者のたまり場になるところもあります。そのような物件は騒音で眠れないこともあるので、注意が必要です。不動産屋で物件巡りをしたあとは、夜再度行ってまわりの環境を確認しておくことが重要です。小学校や中学校のまわりには治安が悪くなる施設、お店が建てられないという法律があります。そのため学校周辺の物件は、ほかに比べると治安が良い場所と言えます。

看板があるところは避ける

住めば都とよく言われていますが、治安が悪いと長年住んでいてもなかなか慣れません。気持ち良く暮らすためには住む前に確かめておくことが肝心です。見落としてしまいそうになりますが、帰宅途中までに街灯があるかチェックしておくことも大切です。明かりが少ないと暗くて帰宅までの道のりが恐怖でストレスになることもあります。ひとり暮らしの女性やお子さまがいる家庭では安心して暮らせることに重点をおく人が多いようです。できるだけ街灯の多い、明るい場所を選ぶようにします。ひったくりやちかんが多い場所には「ひったくりに注意」「ちかんに注意」という看板が頻繁に出ています。駅から物件までの道のりにこのような看板を見かけたら、なるべく避けるのがベストです。

滝川市の賃貸住宅の中には、庭付きのものや駐車場付きの物件もあり大変人気となっています。若い世代の人にも、好評です。

Copyright © Tenant Fit. All Rights Reserved